スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループホームの6割、スプリンクラー未設置(読売新聞)

 札幌市の認知症高齢者グループホームで3月に起きた火災を受け、厚生労働省が全国のグループホーム約1万か所を対象に行った調査で、6割の施設がスプリンクラーを設置していないことが23日分かった。

 消防法施行令では、延べ床面積275平方メートル以上の施設は、2011年度末までにスプリンクラーを設置する義務があり、国の補助もある。しかし、火災が起きた札幌市のグループホーム「みらいとんでん」(約248平方メートル)など、全体の2割程度を占める小規模な施設は、義務の対象外になっていたため、緊急調査が行われた。

 設置義務のある施設の約54%が、義務のない施設の約87%がそれぞれ未設置だった。

 また、長妻厚労相は閣議後記者会見で、「小規模な施設についても、補助を拡大することを検討したい」と述べた。

徳之島案、軍の距離規定理由に米が反対意向(読売新聞)
JR脱線事故直後、救助に走った男性 あの惨状語り継ぐ(産経新聞)
再び時効直前に起訴=暴行事件、DNAが一致-解体業の男、関与認める・水戸地検(時事通信)
公明・山口代表、26日に沖縄県知事と会談へ(産経新聞)
地上、ヘリ両部隊は「65カイリ以内」に=米側が要求-普天間移設(時事通信)
スポンサーサイト

重要文化財に「杉本家住宅」など 新たに8件指定(産経新聞)

 文化審議会(西原鈴子会長)は16日、京都市内に残る伝統的な町家建築「杉本家住宅」と有明海干拓地に築かれた総延長5.2キロの堤防と樋門(ひもん)「旧玉名(たまな)干拓施設」など8件を新たに重要文化財に指定するよう、川端達夫文部科学相に答申した。これで建造物の重文は2367件となる。

               ◇

 重文などを答申されたのは以下の通り。かっこ内は所在地など。

 【重要文化財】旧木下家住宅1棟(福井県勝山市)▽旧賓日館本館など3棟(三重県伊勢市)▽清流亭主屋(おもや)など3棟と土地(京都市)▽杉本家住宅主屋など4棟と土地(京都市)▽名草神社本殿など2棟(兵庫県養父(やぶ)市)▽琴ノ浦温山荘主屋など3棟(和歌山県海南市)▽旧西村家住宅1棟と土地(和歌山県新宮市)▽旧玉名干拓施設末広開潮受(すえひろびらきしおうけ)堤防など7カ所(熊本県玉名市)

 【重要伝統的建造物群保存地区】桜川(さくらがわ)市真壁(まかべ)伝統的建造物群保存地区(茨城県桜川市)

【関連記事】
アライグマの仕業? 平等院鳳凰堂に引っかき傷
重文の仏像盗まれる 大阪・能勢の今養寺
クモ出没で仏像展の公開認めず 文化庁が新潟市美術館に苦言
太平洋戦争「ニイタカヤマノボレ」無線塔、観光資源・重文に
小雨したたる葺き替え屋根 石庭の龍安寺、拝観再開
外国人地方参政権問題に一石

中尊寺副住職、女子高生にワイセツ(スポーツ報知)
天皇、皇后両陛下 宝塚歌劇を鑑賞(毎日新聞)
茨城空港に初の国内線就航 スカイマーク神戸便(産経新聞)
法曹人口「ペースダウンを」=時効撤廃には慎重-日弁連会長(時事通信)
家族5人殺傷 容疑の長男、以前からトラブル…愛知(毎日新聞)

15歳未満の脳死判定基準を明記へ―改正臓器移植法で省令改正案(医療介護CBニュース)

 改正臓器移植法が7月に施行するのに伴い、省令やガイドラインの改正を検討している厚生労働省の「厚生科学審議会疾病対策部会臓器移植委員会」は4月19日、来月にもパブリックコメントの募集を開始する省令とガイドラインの改正案をめぐり議論した。いずれも、新たに脳死下での臓器移植の対象となる15歳未満の小児について、これまで規定がなかった脳死判定基準や医療施設の要件が盛り込まれ、文言について詰めの協議を行った。

 改正省令では、これまで脳死判定そのものを行わなかった6歳未満の小児について、新たな脳死判定基準が明示される方向だ。この日の議論では、年齢の引き下げに伴う基準の変更点のうち、▽年齢による除外基準が、生後12週間未満▽判定間隔が、6歳未満は24時間以上▽収縮期血圧(血圧測定時の上の値)が、1歳未満が65水銀柱ミリメートル以上、1歳以上13歳未満が「年齢×2+65水銀柱ミリメートル以上」―に対しては、特に異論はなかった。
 ただ、体温に関する除外基準として厚労省が示した「直腸温32度以下、6歳未満は35度未満」という表現に対しては、「院内感染などを考え、測定場所を直腸に限らない方がよい」などの声が上がり、測定場所を直腸に限定しない「深部温」と表現する方向でまとまった。

 一方、ガイドラインの改正案は、臓器提供施設として、現在の▽大学病院▽日本救急医学会の指導医指定施設▽日本脳神経外科学会の専門医訓練施設(指導医や症例数などが特に充実していること)-に、新たに日本小児総合医療施設協議会の会員施設を加える内容で、委員からは「小児を対象にした施設で、成人の患者にどう対応するのか」「施設ごとにミッションを明確にすべき」などの質問や意見が上がった。

 これを受けて厚労省は、これらの医療施設を対象に、小児か成人のいずれかのみで脳死判定や臓器提供に対応しているか両方のケースに対応しているかや、小児に対応する上で、虐待の有無を判断できる体制が院内に整っているかなどを今後、調査する方針を示した。


【関連記事】
6歳未満の脳死判定、間隔は「24時間以上」に―厚労省研究班案
小児臓器移植に向け省令・GL作成へ―臓器移植委員会
児童死亡に虐待の深い関与なければ臓器提供可能に―厚労省作業班が提言へ
臓器提供施設に小児医療施設追加を―厚労省研究班が報告
ドナーカードの様式変更案を了承―臓器移植委

<火山噴火>噴煙拡大、鮮明に 日本の衛星が観測(毎日新聞)
対馬軍事化時代の証し、戦時中の陸軍標石確認(読売新聞)
初期診療に対応する「総合医」を提言―国保中央会(医療介護CBニュース)
【高速道路新料金割引】 四国料金問題「見直すつもりない」…前原国交相(レスポンス)
大学生らの小型衛星3基公開=「あかつき」に相乗り-宇宙機構(時事通信)

<高速道路>本四連絡道の上限料金設定を批判…仙谷担当相(毎日新聞)

 仙谷由人国家戦略担当相は10日、高速道路の新たな料金制度で、本州四国連絡高速道路の上限料金が他の高速よりも1000円割高になっていることについて「こんな極端な話はあり得てはならない。『四国処分』のようなことは許されない」と批判した。徳島市内のホテルで記者団に語った。

 仙谷氏は「今日初めて知ったような話で、いろんな観点から前原誠司国土交通相に注文を付けたい」と述べ、見直しを求める意向を示した。

 前原氏が9日発表した新制度では、平日・休日ともに原則として普通車は2000円、軽自動車は1000円が上限。ただ、本州と四国を結ぶ本四高速はフェリー業界の不振に配慮し、普通車3000円、軽自動車2000円となった。【深尾昭寛、青木純】

【関連ニュース】
高速割引財源:道路建設転用は1.3兆円 政府方針
高速道新料金:夜間・通勤3割引きに…激変緩和で年度内
高速料金:エコカー割引新設を検討 軽と同程度 国交省
個所付け:直轄国道の休止は1カ所 140路線で事業継続
高速道路:上限料金制度を正式発表 割引廃止で実質値上げ

日本医師会あての鉢植え発火 職員のライター、フィルム引火か(産経新聞)
亀井氏、郵政法案は20日までに国会提出(産経新聞)
虚偽の人事情報で百万円受領、厚労省室長を懲戒処分に(医療介護CBニュース)
化粧品販売会社に業務停止命令=グレース・アイコ、3カ月間-近畿経産局(時事通信)
<東海道新幹線>男性が先頭部分にぶつかる 命に別条なし(毎日新聞)

2人目擁立で小沢氏「全国で憎まれている」(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長は4日、神戸市で開かれた党兵庫県連のパーティーであいさつし、参院選で2人区に2人の公認候補を擁立することに理解を求めた。

 小沢氏は「複数区で複数の候補者を擁立して戦おうということで、私は全国どこに行っても憎まれている」と述べた上で、「現職は連合など支援母体の力で(当選を目指す)。2人目の候補は既存の支持母体から対象を広げて一般市民に訴えることによって、2議席目を確実なものにしてもらいたい。競い合えば必ずそれができる」と強調した。

サル ボスに君臨11年4カ月、「ゾロ」は温厚、仲間思い(毎日新聞)
北方領土問題で協議加速迫る(産経新聞)
山崎さん、宇宙基地到着=ドッキング成功、野口さんと対面へ(時事通信)
参院のみの押しボタン、隣から手届く場所(読売新聞)
強盗殺人未遂容疑で男を逮捕=景品交換所に発砲-福岡県警(時事通信)

三重で上げ馬神事 1馬転倒死「問題なし」(産経新聞)

 武者姿の若者が馬で土壁を駆け登る「上げ馬神事」が3日、三重県東員町の猪名部神社で始まった。神事は県指定の無形民俗文化財だが、馬を興奮させるため騎手以外の参加者が腹をたたく行為などが問題となり、今年は県文化財保護審議委員ら十数人が視察。1頭が転倒死したが、委員の1人は「一般的なアクシデントで問題行為は確認できなかった」と話した。

 上げ馬神事をめぐっては、「動物虐待にあたる」として動物愛護団体から文化財指定の見直し要望があり、議論となっている。

 観客らの熱気に包まれる中、花笠をかぶった6人の若者が交代して12頭に騎乗。「絶対上げるぞ」と声が飛ぶ中を約80メートルの馬場を疾走し、高さ約2メートルの土壁に挑んだ。

 今回は、土壁の前に坂をつけて登りやすくするなどの対策をとり、「騎手以外の参加者が馬をたたかないようさらに徹底した」と地元関係者。1頭が壁を登れず転倒死したが、過去にも馬の死亡例はあったという。

 神事は800年以上の歴史があり景況などを占う伝統行事。4日も行われる。同県桑名市の多度大社の同神事(5月4、5日)も視察対象になっている。

【関連記事】
文化財「上げ馬神事」は動物虐待? 愛護団体が刑事告発
壬生狂言 絹ちりめん製の大幕を公開
龍巻き神事 鳥取県境港市の日御崎神社
乗るだけで1年!「木場の角乗」に歓声
「稲の魂」招き豊作祈願 奄美で民俗文化財の神事
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<高校無償化>朝鮮学校排除に反対 市民ら集会 東京(毎日新聞)
<QVCジャパン>不当表示で3度目の改善命令 消費者庁(毎日新聞)
逮捕男の車内から血液=東京・福生の路上殺害-警視庁(時事通信)
<信濃川不正取水>JR東、水利権再申請(毎日新聞)
高速道に上限料金=車種別、6月から-普通車2千円、軽千円・国交省(時事通信)

こんな時期に?首相、夫人とプライベート旅行(読売新聞)

 鳩山首相は27日、静養のため幸夫人とともに千葉県鴨川市のリゾートホテルを1泊2日の予定で訪れた。

 プライベートで東京を離れて外泊するのは昨年9月の就任以来初めて。

 首相は同日午後に公邸を車で出発し、同日夕にホテルに到着。宿泊客から握手や写真撮影を求められると気軽に応じ、リラックスした様子で、ホテル内の売店で買い物をしたり、ガラス細工の工房を見学したりして過ごした。

 ただ、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で政府案の取りまとめ作業が大詰めを迎えており、首相周辺からも「この状況で夫人と旅行なんて理解できない」との声が出ている。

「消費者、患者の観点で規制見直しを」-行政刷新会議分科会が初会合(医療介護CBニュース)
政党機関紙配布 旧社保庁職員に逆転無罪 東京高裁判決(毎日新聞)
<核寄港密約>「米公文書2件裏づけ」共産・不破氏指摘(毎日新聞)
フラガールにも不況の波…養成学校が募集見送り(読売新聞)
<岐阜県多治見市>市内の全公共施設 10月から全面禁煙に(毎日新聞)
プロフィール

Author:あいざわしろう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。